横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

2012年11月 定例会レポート(4)

秋に咲くイトラッキョウの仲間の見分け方について、
解説がありましたので記載致します。

見分け方のポイントは、
(1)花のつき方
(2)花の開き方
(3)オシベの長さ 
で判断します。

また、もう一つの区分方法としましては、
それぞれの葉をカミソリで切り、断面をみると、

イトラッキョウ=中実
キイイトラッキョウ=中空

となっております。

イトラッキョウ (ユリ科 ネギ属)
花が上向きで平開する 白花もある
b0279109_10322385.jpg



キイイトラッキョウ (ユリ科 ネギ属)
花が横向きで半開き、おしべが長く飛び出る 白花もある
b0279109_1040350.jpg



その他、
大型のものにヤマラッキョウの仲間があります。
ヤマラッキョウ 葉が三角
ハマラッキョウ 葉がにらのように扁平

イトラッキョウの仲間も、
ヤマラッキョウの仲間も似ているものがたくさんあり、
良く分からないラッキョウがたくさんあります。

園芸店でよく売られているラッキョウの仲間で、
ミヤマラッキョウやチシマラッキョウで売られているものは、
ほとんどが、キイイトラッキョウのようです。

レポート5に続く
[PR]
by sansoukai | 2012-11-14 10:52 | 定例会レポート | Comments(0)