横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

2013年5月 定例会レポート(1)

横浜山草会、
5月定例会(5/11 毎月第2土曜日開催)の
レポートです。


【副会長の栽培指導】

=はじめに=
5月に入りました。
山野草の花の顔、
見ていると毎日違います。

この時期、水切れが心配です。
特に春植え変えたもの。
置き場所によって、日の当たり方が違います。
陰にあるもの、大きい葉の下にあるものなど、
水やりする際に、うっかり水が行き届かないことがある。

水切れさせて、
草を最敬礼させてしまうことも。
朝・晩の水やりの際、
注意してあげて下さい。

【植替えるもの】
エゾギク、トガクシギクなどの菊類、トラノオ・・・
秋に花咲かせるもの、植替えしてあげて下さい。
植え替えることで、新鮮な空気がはいり、
根っこも更新します。

ヒナソウなどナズナ類は、
暑さによる蒸れに大変弱く、
植替えしないでいると、
根が回って水はけが悪くなり、
とろけてしまいます。

今、花が咲いていても株元1センチ程残して、
刈り込みます。新芽が出ています。
まだ、新芽には力がついていませんので、
もう少したってから、株を持ち上げて、
下の根っこを切って、2つ~3つに分けて、
植替えしてあげてください。
そうしてあげることで、この夏を乗り切れます。

●ヒナソウの寄植え
b0279109_756870.jpg


【挿すもの】
菊類、サワギキョウ、ナデシコ類は、
これから挿し芽の時期です。

【虫対策】
アブラムシつきやすいもの、
青虫、ダンゴムシ・・・
オルトランを株元にまいておいてください。
ラッキョウ類やミゼバヤ、
虫が芯を食べるので注意必要。

山草は一年中やることがあって、
忙しく大変です。
でも、風情があって素敵。
あきらめないで、一生懸命
育ててあげて下さい。



レポート(2)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2013-05-12 08:04 | 定例会レポート | Comments(0)