横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

晩夏から初秋にかけて咲く野草3種

本日で8月も終わり。
空も高くなってきて、
秋の気配も感じられる事が
多くなってきました。

そんな気配をいち早くキャッチしている、
会員宅の山野草の写真をご紹介致します。


●タマノカンザシ●
b0279109_22174592.jpg


ユリ科ギボウシ属で
大きい真っ白な花が
晩夏を祝福するように
咲きはじめました。

夕刻になると芳香を発し、
まさにギボウシの女王ともいえます。
玄関に飾ると部屋中によい香りが漂います。


●キシュウギク●
b0279109_2227839.jpg


和歌山県のみに自生する純白なノギク。
これから秋を競うように咲きます。
早春に若芽を植え付け、
7月までに2度切り詰めると、
形が整った先にたくさん花をつけます。

●ソナレノギク●
b0279109_22294050.jpg


ヤマジノギクの変種。
磯に育つので、漢字で磯馴野菊と書きます。
可憐な薄紫色の花が行く夏を惜しむように、
次々に咲いてくれます。
クローズアップと共にご覧ください。

b0279109_22304026.jpg

[PR]
by sansoukai | 2013-08-31 22:31 | 会員のお庭から | Comments(0)