横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

2014年3月 定例会レポート(5)

●原種スイセン●
b0279109_5301784.jpg

●ナルサキス・ロミウシキー Julia Jane●
(実生)
b0279109_533323.jpg

原種スイセンには、
葉っぱが横にダランと伸びる
タイプ(写真上)と、
上に伸びるもの(写真下)とある。

=花後の管理について=
鉢植えでスイセンの仲間を
育てる場合は肥料が大事。
他の植物に比べて、鉢の中の養分を
吸収するので、毎年の植え替えが必要。

深めの鉢で 深めに植える。
花が終わったら、葉を大切にする。
葉を切ってしまうと、球根が太らず
翌年の花芽がつかない。

花が終わってから、球根を太らす為に、
リン酸とカリの多い肥料をあげる。
骨粉、バイオゴールド等。

植替えは7月・8月の真夏に行う。
用土は赤玉と鹿沼を半々で。
球根類にマグァンプなど元肥を
施す際の注意点としては、
根っこが直接、マグァンプに
当たると焼けるので、鉢底でなく、
球根の周りか上にまくのがポイント。

グリーンキングは窒素分多いので、
芽出しの時は良いが、それ以降は
バイオゴールドなどが良い。
球根の数を増やさないで、
太らす肥料をあげる。

日光好き、水は普通にあげる。

レポート(6)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-11 05:46 | 定例会レポート | Comments(0)