横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

2015年6月 定例会レポート(2)

今月は、「タイツリソウ」の挿し芽の実演講習がありました。
b0279109_2312562.jpg

●用土●
硬質鹿沼土
※細かいふるいにかけてみじんを取り除いたもの。
肥料(マグファンプの小粒)

●挿し芽の準備●
・余分な枝は切ったほうがよい。
・なるべく葉を付けないようにする。
・10センチくらいにカットする。
・水に20~30分程度漬けておく。

●用土に挿す●
・枝が二股に分かれているところから発根する。
・土にしっかり密着させる。

●水●
・常に水を切らさなければ、来年花がさく。
・タイツリソウは1本からいくつも花芽が出る。

●置き場所●
・風の当たらないところ。

●肥料について●
・1ヶ月くらいで発根するので、
発根後、液肥をあげる。
b0279109_231398.jpg

↑タイツリソウの挿し芽

=アジサイの挿し芽=
アジサイも同じように挿し芽ができる。
上からそぉ~と水をあげる。
下に受け皿を置いておくと良い。
うまくゆくと、来年花芽でる。
9月に水を切らさないこと。
9月にうんと水をあげて、花芽を大事にする。
腰水でもOK。

=イワタバコの葉挿し=
イワタバコも簡単につく。
※中国イワタバコは葉挿しはできない。
葉脈に沿って、カットし、
しっかりと土にさす。
上から、ぐぅぅぅと押さえる。
葉が揺れるとだめ。
根本をしっかり押さえる。
真上からお水をあげるのがコツ。
腰水でもOK。
発泡スチロールの下から1.5センチくらいのところに
穴をあげて水を入れて管理しても良い。
b0279109_23142048.jpg

↑イワタバコの葉挿し

キブシ、チョウセンゴミシなど、
節があるものはだいたい挿し芽ができる。

レポート(3)
へ続く
[PR]
by sansoukai | 2015-06-29 23:16 | 定例会レポート | Comments(0)