横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

2017年2月 定例会レポート(6)

原種スイセン(ナルキッスス・ロミエウクシィー)
b0279109_05451772.jpg
=メモ=
原種スイセンは、色々種類がある。

花が斜め上を向いて咲いているので、
これはナルキッスス・ロミエウクシィー。

90度横に向いて咲くのは、
ナルキッスス・バルボコディウム。

肥料がとにかく好きなので、
葉がある間(葉は絶対に切ってはだめ)に、
肥料(リンサン・カリが主体のもの)を与える。

葉だけ育つので、チッソ肥料は控える。

日光によく当てる。
用土の養分を吸収する力がすごいので、
毎年の植え替えが必須。
植替えをしないと、花がこない。

地上部が無くなる休眠期は、用土が湿る程度に、水をあげる。

クサボケ・キヨスミギク
b0279109_05561432.jpg
b0279109_05561520.jpg
=メモ=
植え付けて、3年の作品。
株元のキヨスミギクが、この作品の中では、
小さく花が咲いてくれるので、
(普通は、背丈が大きくなる)
気に入っている。

春と秋と冬のはじめに、
ハイポネックスを規定量希釈したものを入れた
バケツの中に、じゃぶじゃぶ浸けている。
この作品だけでなく、育てている山野草の鉢で、
実践しているオススメの方法。

バケツに浸ける際、最初ブクブク泡が出るが、
泡が小さくなったら、全体に水がゆきわたった証拠。

なかなか水が入り込まない場合は、
根詰まりのサインなので、植替えしてあげる。

今月の金・銀・銅賞へ続く





[PR]
by sansoukai | 2017-02-15 06:15 | 定例会レポート | Comments(0)