横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

2017年7月 定例会レポート(2)

今月は毎月の『金・銀・銅賞入賞』の常連会員による、
根洗いを展開させた作品作りの講習がありました。
自然の素材を使って、知恵と工夫が凝らされた技法に、
みんなの目がキラキラと輝きました。

b0279109_22050764.jpg
b0279109_22065749.jpg
=ポイント=
・受け皿には、納豆の蓋(穴があいていて、縁があるもの)を利用
・けと土の下には、麻布を敷く→マグファンプ(大粒)を置く
・ケト土は、そのまま使う(用土を混ぜない)
・苗は根を崩さず、そのままけと土の上に置く
・寄植えにする場合は、土台となる苗に麻紐で束ねる

b0279109_22193171.jpg
・鹿沼土4:赤玉土4:桐生砂2と、けと土で
 ペタペタ根の周りを囲んでゆく。

b0279109_22323441.jpg
・苔(数種類MIXすると良い)で包んでゆく。
・苔を止めるのに、枯れた葉蘭の茎をところどころ刺す。
 ※根詰まりの防止と、通気性もよくなる。
b0279109_22331387.jpg
・苔を麻紐でふんわりと、ゆわく。
b0279109_22354538.jpg
↑完成!↑

このあと、ジョウロで水をかける。
※濁った水がでなくなるまで。

=参考作品=
この方法で、今年の4月に仕立てた作品
b0279109_22383320.jpg
麻布がきれいサッパリ消えて、
苔も草も活き活きとしていいます。

鉢での管理が難しい山野草も、
この方法を用いると、とても調子よく育つとのこと。
良いことを教えていただき、早速試してみたくなりました。
※根を崩さないので、時期を選ばず仕立てられるとのこと。

レポート(3)へ続く



[PR]
by sansoukai | 2017-07-09 22:43 | 定例会レポート | Comments(0)