横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:会員のお庭から( 39 )

初夏の黄色の花

初夏を思わせる黄色の花の
写真が2点届きましたので、
ご紹介致します。

=撮影者のコメント=
おはようございます。

今朝、咲いたばかりの花二点、
ニッコウキスゲと
コキンレイカ(別名ハクサンオミナエシ)、
二点共偶然黄色い花です。

例年よりも半月程早い開花です。

●ニッコウキスゲ●

b0279109_21482678.jpg


●コキンレイカ●
 (別名:ハクサンオミナエシ)

b0279109_21484183.jpg

[PR]
by sansoukai | 2013-06-03 21:52 | 会員のお庭から | Comments(0)

真っ赤な木の実

初夏の可愛らしい木の実の
写真が届きましたので、
ご紹介致します。

=撮影者のコメント=
今年は早い梅雨入りですね。
我が家の庭は春の花が一段落し、
初夏の花が咲き始めました。

今日は木の実の写真2枚、
お届けします。

2枚とも真っ赤な実で食べられます。



●トウグミ(ビックリグミ)●
b0279109_21435457.jpg


●トウグミの花●
b0279109_22444763.jpg


●ウグイスカグラ●
b0279109_21443576.jpg


●ウグイスカグラの花●
b0279109_21464024.jpg

[PR]
by sansoukai | 2013-05-30 21:48 | 会員のお庭から | Comments(0)

クサタチバナとエノモトチドリ

昨日会員2名から、
それぞれのお庭で、
今まさに、咲き誇る山野草の写真が
届きましたので、併せてご紹介致します。

●クサタチバナ●
b0279109_622587.jpg

=撮影者のコメント=
さわやかな5月の風と共に
咲きはじめたクサタチバナが、
今満開になり新緑の木々の中、
清々しい姿をみせてくれています。
アップもどうぞ。
b0279109_621860.jpg



●エノモトチドリ●
b0279109_624128.jpg


=撮影者のコメント=
ちょうど1年前、山草会に入会した際、
定例会の販売苗を1ポット頂いたものです。
春の植え替え時、こんなに増えていると思わず、
大きめの鉢の用意がなく、3鉢に分けて植えました。
開花期間が長いので、もうしばらく観賞できそうです。
[PR]
by sansoukai | 2013-05-14 06:10 | 会員のお庭から | Comments(0)

庭の山野草(2)

庭の山野草(1)の続きです。

撮影者の❛育てている目線❜での
コメントを読むと、写真をみる
視点が増えて面白いです。

●フタリシズカ●
b0279109_551147.jpg

=撮影者のコメント=
ヒトリシズカは、
早春ぼんぼりのような葉の間から
つつましく1つの穂状の花をつけますが、
フタリシズカは春盛りの頃に芽を出し、
本来は2本の穂状花を咲かせるので、
その名がついたはずですが、
栄養が良いせいか、
三人(あるいは四人)
にぎやかになってしまいした。

●セリバヒエンソウ●
b0279109_5524447.jpg

セリの葉に似た葉柄から
飛ぶ燕を思わす
可憐なブルーの花を咲かせます。
1年草で放っておいても
翌年春に意外な所から出てきて
楽しくなります。
宮中の庭にも咲いているそうです。

●白花ミヤマオダマキ●
b0279109_5553519.jpg

ミヤマオダマキは
通常紫色ですが、
珍しい白花が咲きました。
多年草ですが、種子でも増えます。

●白花タツナミソウ●
b0279109_603060.jpg

赤紫よりも繁殖力旺盛で、
今 我家の庭の随所に咲いて
困って(?)います。

●ヒューケラ●
b0279109_9235610.jpg



これも昨年暮れに頂いたもので、
洋種のズダヤクシュの仲間です。
[PR]
by sansoukai | 2013-05-05 06:04 | 会員のお庭から | Comments(0)

庭の山野草(1)

会員から、
庭に咲く山野草の写真が
届きました。

●ジエビネ● 2種類
b0279109_5343866.jpg

b0279109_5344339.jpg

=撮影者コメント=
エビネはニオイエビネなど
高価なものもありますが、
ジエビネは落葉樹の下で
夏は日陰になる場所なら
容易に増えます。
花が終わってから株分けをします。

2つの花を比べると、
後者はピンクガ濃いのがわかります。
どちらも40年ほど前、
裏山が開発される直前に採集したものです。

●シライトソウ●
b0279109_5334552.jpg

昨年暮に退会した方から頂いた
山野草が見事に花をつけたら、
シライトソウとわかり嬉しくなりました。
栽培法を調べて絶やさないようにしようと思います。

●ミヤマヨメナ●
b0279109_5412420.jpg

花の色は白くみえますが、
薄紫色です。
背が低く咲くので、
寄せ植えにも適しています。

●赤紫色タツナミソウ●
b0279109_5431240.jpg

春を彩る代表的な
山野草の一つがタツナミソウ。
栽培が容易で地植えすると、
どんどん増えます。
花の形が波が立っているようなことから
その名がつけられたもの。
北斎の本牧沖波間富士の絵を思いだしますね。

庭の山野草(2)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2013-05-05 05:45 | 会員のお庭から | Comments(0)

庭の山野草

会員のお庭にて、
今咲いている山野草5点の写真が
届きましたので、ご紹介致します。


●●●ハッカクレン●●●
b0279109_0105517.jpg

【撮影者のコメント】
中国原産で
深山の樹下に育つメギ科の多年草。
葉が八角状を呈するので、そういいます。
二つの葉柄の間にぶらさがった蕾が開くと、
農赤紫色の花が魅力的ですね。


●●●キバナノバイカイカリソウ●●●
b0279109_011342.jpg

【撮影者のコメント】
メギ科の多年草。
バイカイカリソウは花に
イカリソウ特有のツノがありません。
黄色い花の洋種です。




●●●シュンラン●●●
b0279109_01264.jpg

【撮影者のコメント】
代表的な東洋ランで
地に根を張る地生ランです。
地味ですがツクシのような可憐な花ですね。



●●●キバナノオドリコソウ●●●
b0279109_0122810.jpg

【撮影者のコメント】
シソ科の洋種多年草で、
葉に斑があり、ランナーを出して、
いやというほど増えますが、
摘み取らなくてよかったと思うような
鮮やかな黄色の花を楽しませてくれます。


●●●ヒゴスミレ●●●
b0279109_0131637.jpg

【撮影者のコメント】
スミレの仲間ですが、
葉が切れています。
エイザンスミレは葉の基部が
3つにわかれていますが、
ヒゴスミレは5つに分かれています。
[PR]
by sansoukai | 2013-04-07 00:14 | 会員のお庭から | Comments(0)

早春の山野草3種

あちらこちらで、
満開の桜が目に入りますが、
足元では早春の山野草達が、
満開の花をつけています。

会員から届きました、
そんな早春の花々をご紹介します。

●●● バイモ ●●●
b0279109_5562960.jpg


【撮影者のコメント】
ユリ科で
和名はアミガサユリといいます。
中国原産で生薬に使われるそうです。
2枚の球根の鱗片が合わさって
貝の形をしているので、
貝母と書きます。
地味な花ですが、
味わい深く茶花として
珍重がられます。

●●● バイカカラマツ ●●●
b0279109_559942.jpg

【撮影者のコメント】
北アメリカ原産の
キンポウゲ科の山野草です。
早春にこげ茶色の葉の間から
可愛らしい花を開き、
山草家に親しまれています。
多年草ですが、種でも増やせます。

●●● セントウソウ ●●●
b0279109_634134.jpg

【撮影者のコメント】
セリ科の多年草で、
早春、忘れた頃に芽を出し、
地面を這うように広げた
葉に白い小さな花を群生させます。
名前の由来について、
牧野富太郎博士はわからないと
言われましたが、春、先頭に立って
花を咲かせるので、そういうともいわれます。
[PR]
by sansoukai | 2013-03-26 06:06 | 会員のお庭から | Comments(0)

山野草2種類とシラタマツバキ

可愛らしい写真が届きましたので、
ご紹介致します。

●●● シロバナヒマラヤユキノシタ ●●●
b0279109_6222931.jpg


【撮影者のコメント】
ヒマラヤユキノシタは
通常ピンク色の花を咲かせますが、
白花はちょっと珍しいですね。

咲き始めは白でも
だんだんピンクがかってきます。
栽培は容易です。

●●● ケイビアヤメ ●●●
b0279109_6243019.jpg


【撮影者のコメント】
ケイビアヤメは
鶏尾菖蒲と書きます。
葉の形が鶏の尾に似ている
小さなアヤメです。


●●● シラタマツバキ ●●●
b0279109_627673.jpg


【撮影者のコメント】
シラタマツバキは
白玉椿と書きます。

茶花としては写真右側の
白玉状の蕾を用い、
開いた花は使いません。
[PR]
by sansoukai | 2013-03-17 06:28 | 会員のお庭から | Comments(0)

オウバイとユキワリイチゲ

寒かった2月が終わり、
3月がやって参りました(^^)
昨日(3/1)届きました、
会員からの春の写真を
ご紹介致します。

【撮影者のコメント】
今日から春です。
春一番も吹き、
山野草の植え替えが忙しくなりました。

●●● オウバイ ●●●
オウバイは黄梅、迎春花とも書きます。
モクセイ科の灌木で、梅とは異なります。
早春に光沢のある黄色の花を咲かせます。
挿し木で増やしました。

b0279109_14481874.jpg

b0279109_1449509.jpg


●●● ユキワリイチゲ ●●●
ユキワリイチゲは
キンポウゲ科の多年草。
北国では残雪を割って
ピンクの花を咲かせることから、
その名がついたのでしょう。

初夏には
葉も枯れてなくなりますので、
落葉樹の下草に適しています。

ポットでは肥料を多くやらないと
花が咲きません。
b0279109_14511561.jpg
b0279109_14501875.jpg

[PR]
by sansoukai | 2013-03-02 15:02 | 会員のお庭から | Comments(0)

侘助2点

ステキ!な写真が
2枚届きましたので、
ご紹介致します。

b0279109_20415715.jpg

b0279109_20421344.jpg


=撮影者のコメント=

わが家の庭に咲いた
侘助2点を生けてみました。

侘助は普通の椿の花と異なり、
一重でラッパ状につつましく咲きます。

織田信長の弟で
茶人の織田有楽斎が好んで
茶の湯の席に生けたといわれます。

関東では太郎冠者とも呼ばれています。

[PR]
by sansoukai | 2013-02-12 20:32 | 会員のお庭から | Comments(0)