「ほっ」と。キャンペーン

横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2014年3月定例会 金・銀・銅賞

2014年3月定例会、
金・銀・銅賞作品を
ご紹介致します。

【金賞】
キブシ・シュンラン
b0279109_14593554.jpg

=メモ=
シュンランは蕾がついている。
チャルメルソウも入っている。
キブシは剪定した枝を庭に挿しておいたら、
根がついたので、1年前に鉢に植えた。

【銀賞】
クリスマスローズ(原種)
デュメトリス・セントウソウ

b0279109_159797.jpg

=メモ=
緑色の花の小型の原種。
セントウソウは飛び込み。


【銀賞】
オキナワチドリ
b0279109_15311883.jpg

=メモ=
LEDの照明だとよく育たない。
蛍光灯が一番良い。
ウチョウラン・イワチドリと違う点は
濃厚な香りがある点。
癖があるので、栽培は注意が必要。
増えて増えて30球くらいなるかとおもったら、
パタッと消えてしまう(原因不明)がよくある。
オキナワチドリの花の模様は、
毎年変化する。
6月には地上部なくなる。

【銅賞】
コシノコバイモ
b0279109_1542826.jpg

=メモ=
育てて20年。

来月の定例会は、
スプリングフェアと重なる為お休みです。
スプリングフェアにつきましては、
別途ご案内致します。

次回定例会は
5月10日(土)10時~12時です。
見学の方も、ご自由にどうぞ♪

詳細はこちら
[PR]
by sansoukai | 2014-03-16 15:52 | 今月の金・銀・銅賞 | Comments(0)

2014年3月 定例会レポート(9)

●リュウキンカ●
b0279109_14323923.jpg

=メモ=
花のない時期に真っ先に咲いてくれる。
蕾が沢山見えるので、これから長く楽しめる。

●タイワンシュスラン●
b0279109_14333232.jpg

=メモ=
購入した時は3倍くらい大きかった。
寒さに弱い。
挿し芽も可能。

●ユキワリソウ●
b0279109_1434718.jpg

=メモ=
花の中心部が素敵。
花はの色は、
濃い色から段々と白く変化する。

●キンシナンテン・フクジュソウ●
b0279109_14362510.jpg

=メモ=
写真左:朝9時過ぎ
写真右:お昼近く
花が開いて来た。

朝日が当たる場所で管理している。
肥料はたくさんあげている。
フクジュソウは、九州の小型種のため、
葉が大きくならない。
増やすのであれば、大きめの鉢で育てる

今月の金・銀・銅賞へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-16 14:38 | 定例会レポート | Comments(0)

2014年3月 定例会レポート(8)

●ホソバノコバイモ(白花)●
b0279109_1329586.jpg


●ホソバナノコバイモ●
b0279109_13314047.jpg


=メモ=
写真上:細葉のコバイモ
写真下:細花のコバイモ 別の種類

ホソバナノコバイモは、
平成20年に種を蒔いたもの。
今年初めて花が咲いた。
葉っぱの真ん中の白い筋が珍しい。
ブドウ糖を肥料にあげる。

●テコフィレア・キアノクロカス・ライヒトリニー●
b0279109_13414436.jpg

=メモ=
産地はアンデスの4000~5000メートル。
世界で一番青い花と言われ、
アンデスの青い宝石とも呼ばれる。
地上部が無くなったら、水はあげない。
梅雨時には、腐らせないよう軒下で管理。
9月10月頃から、水を与える。
栽培は比較的簡単だが、
球根はあまり増えない。

●オウバイ●
b0279109_1348345.jpg


レポート(9)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-16 13:49 | 定例会レポート | Comments(0)

2014年3月 定例会レポート(7)

●原種シクラメン●
左=冬咲き種のコーム
右=春咲き種のイベリカム
b0279109_1395542.jpg

=メモ=
冬咲き種のコームは、花はそろそろ終わり。
春咲き種のイベリカムは、これから咲き続ける。
あまり良くはないが、香りがある。
コームには香りはない。

●ユキワリイチゲ●
b0279109_13155894.jpg

=メモ=
肥料好き。
鉢で咲かせるためには、
肥料をいくらあげても良い。
肥料焼けすることはない。
5月で地上部なくなる。

●サクラ●
b0279109_13234278.jpg


レポート(8)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-16 13:25 | 定例会レポート | Comments(0)

2014年3月 定例会レポート(6)

●ユキワリソウ(雪割草)●
b0279109_615425.jpg

=メモ=
花は綺麗だけど、この時期になると
風に当たって葉っぱが汚くなって
くるので防風してあげると良い。
肥料好き。
夏は葉がなくなるので、
水切れしないよう注意。

●ハゴロモノマツ(羽衣の松)・ツクシ
 アカシデ・ヒメツキミソウ●

b0279109_651570.jpg

b0279109_693014.jpg

=メモ=
ツクシは平鉢に植えても素敵。
スギナも鑑賞価値がある。

レポート(7)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-12 06:11 | 定例会レポート | Comments(0)

2014年3月 定例会レポート(5)

●原種スイセン●
b0279109_5301784.jpg

●ナルサキス・ロミウシキー Julia Jane●
(実生)
b0279109_533323.jpg

原種スイセンには、
葉っぱが横にダランと伸びる
タイプ(写真上)と、
上に伸びるもの(写真下)とある。

=花後の管理について=
鉢植えでスイセンの仲間を
育てる場合は肥料が大事。
他の植物に比べて、鉢の中の養分を
吸収するので、毎年の植え替えが必要。

深めの鉢で 深めに植える。
花が終わったら、葉を大切にする。
葉を切ってしまうと、球根が太らず
翌年の花芽がつかない。

花が終わってから、球根を太らす為に、
リン酸とカリの多い肥料をあげる。
骨粉、バイオゴールド等。

植替えは7月・8月の真夏に行う。
用土は赤玉と鹿沼を半々で。
球根類にマグァンプなど元肥を
施す際の注意点としては、
根っこが直接、マグァンプに
当たると焼けるので、鉢底でなく、
球根の周りか上にまくのがポイント。

グリーンキングは窒素分多いので、
芽出しの時は良いが、それ以降は
バイオゴールドなどが良い。
球根の数を増やさないで、
太らす肥料をあげる。

日光好き、水は普通にあげる。

レポート(6)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-11 05:46 | 定例会レポート | Comments(0)

2014年3月 定例会レポート(4)

【副会長の栽培指導】

=はじめに=

植替えに良い時期になりました。
秋咲くものは春に植え替え、
春咲くものは秋に植え替えが原則ですが、
マイヅルソウ、トキソウ、ユキザサ、
ホウチャクソウ、カキラン、サワギキョウは
今の時期の植替えが必要です。

カキラン、サワギキョウ、ホウチャクソウ等
土を払ってみると、新芽が下を向いています。
この下を向いている新芽を、
ひっくり返して、植え替えてあげることで、
成長が早くなります。

植替えせずに、下を向いたままだと、
成長が遅れ、
ネマトーダに罹りやすくなるので、
植替え時にネマトーダを見つけたら
取り除いて下さい。
(特にサワギキョウ)

肥料もあげて下さい。

今朝は氷がはるような寒さでした。
サクラソウは凍っても大丈夫ですが、
寒さに弱いものは、気をつけてあげてください。


●バイカオウレン●
b0279109_65635.jpg

=メモ=
湿原の花。
昔、比叡山の参道の水辺に、
敷くように咲いていた風景を思い出します。
春一番に咲く、可愛い花。

レポート(5)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-10 06:07 | 定例会レポート | Comments(0)

2014年3月 定例会レポート(3)

=スギゴケの挿し芽の手順について=

(1)挿し床の用意
b0279109_18201962.jpg

鉢底には、ゴロの赤玉を敷き詰め、
その上に赤玉メインの用土を入れる。
使いふるしの混合土でもOK。

※ご自宅で作業される場合は、
用土を予め腰水して湿らせて置くと良い。


(2)挿し芽をカットする
b0279109_18222584.jpg

根本からハサミを入れて、カット。

↓カットした挿し芽
b0279109_18231540.jpg


(3)挿し床に挿していく
b0279109_18233929.jpg

ピンセットを使って、
株元をしっかりと植えこんでいく。
b0279109_1824146.jpg


(4)作業完了

b0279109_18245251.jpg

隙間だらけで良い。
腰水して 日なたで管理。

※茶色く変色している株について
b0279109_18275853.jpg

このような状態であっても、
土に埋めて置けば株元から再生してくる。
気長に育てて下さい。

↓実演指導のあと、希望者に株が譲渡され、
すっかり茶色坊主になりました。
刈り取ったあとも、しばらくするとまた新芽がでてくるそうです。
b0279109_1829214.jpg


レポート(4)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-09 18:31 | 定例会レポート | Comments(0)

2014年3月 定例会レポート(2)

今月の定例会では、
「スギゴケの挿し芽の方法」について、
副会長の実演指導がございました。

↓挿し芽してから2年目のスギゴケ
b0279109_186395.jpg


【スギゴケの栽培ポイント】

◆日光と水が好き
※みんな枯らしてしまう(腐らせてしまう)のは、
日陰に置いているから。

◆ただし強い日光に晒すと、日焼けするので、
真夏だけ寒冷紗の下あたりで管理する。

◆用土は赤玉メインで、安い赤玉で良く、
使いふるしの用土(鹿沼土など混ざっていてもOK)で充分。

◆腰水しておくと良い。

◆寒い時期は凍ってしまうので、
発泡スチロールに入れてあげる。

◆むやみやたらに手で撫で回さないこと。
人間の脂がついてしまい、枯れる。
自分の顔を、汚い手で撫でられる事と
一緒の行為。

◆2年に1回くらい挿し芽してあげるとよい。


レポート(3)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-09 18:18 | 定例会レポート | Comments(0)

2014年3月 定例会レポート(1)

横浜山草会、
3月定例会(3/8 毎月第2土曜日開催)の
レポートです。

先月2月の定例会は大雪で中止でしたので、
久しぶりの再会を喜ぶ声が、あちらこちらで、
聞こえてきました。

↓販売に出ていた苗
b0279109_175552100.jpg

b0279109_17555665.png


レポート(2)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-09 17:58 | 定例会レポート | Comments(0)