横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

2017年5月 定例会レポート(6)

ハンショウヅル
b0279109_05594398.jpg
b0279109_05582614.jpg
=メモ=
植替えが難しい。
植替えの際、土を全部落とすとダメになる。
黒い根だけを取り除き、一回り大きな鉢に、
ゆるめるように、植替えしています。
植替え時期は、秋。
去年の蔓に、花がをつけるので、蔓を残す。

ミヤマヨメナ
b0279109_06050075.jpg
=メモ=
植替えしないと、花付きが悪くなる。

カラマツソウ
b0279109_06060429.jpg
=メモ=
肥料が大好き。
一本仕立てにすると、
サァッーーと、上に立ち上がる姿が素敵です。

エゴノキ・ユキシロキンバイ
b0279109_06082000.jpg
レポート(7)へ続く




[PR]
# by sansoukai | 2017-05-21 06:09 | 定例会レポート | Comments(0)

2017年5月 定例会レポート(5)

ナツツバキ(赤)
b0279109_05314888.jpg
=メモ=
赤花の夏椿です。
蕾も、可愛いです。

アッツザクラ
b0279109_05304321.jpg
極姫バラ
b0279109_05313771.jpg
冬アジサイ
b0279109_05305547.jpg
ウンナンカズラ
b0279109_05381585.jpg
=メモ=
寒さに弱いので、冬は防寒が必要。

レポート(6)へ続く



[PR]
# by sansoukai | 2017-05-21 05:39 | 定例会レポート | Comments(0)

2017年5月 定例会レポート(4)

センダイハギ(先代萩)
b0279109_05144644.jpg
=メモ=
マメ科センダイハギ属
北国の海岸に生える、
高さ40cm~80cmの多年草。
実生から10年の作品です。

変りユキノシタ
b0279109_05161390.jpg
b0279109_05161731.jpg
=メモ=
葉が、毛羽立っているところが特徴です。

チリ斑イタドリ
b0279109_05230466.jpg
=メモ=
強い日差しの下でも、大丈夫。
秋に、うっすら紅葉します。

イタドリ
b0279109_05244042.jpg
=メモ=
こちらの作品は、赤い葉のイタドリ。

レポート(5)へ続く



[PR]
# by sansoukai | 2017-05-21 05:26 | 定例会レポート | Comments(0)

2017年5月 定例会レポート(3)

イブキジャコウソウ・ツユザサ
b0279109_00273314.jpg
=メモ=
もともとは、石付けにしていたものを根洗いにしたもの。
根締めの役割も兼ねて、ツユザサを入れている。

腰水はせずに、炎天下で管理している。
用土は、赤玉:鹿沼:桐生=4:4:2
土の量があれば、腰水不要。

四季咲きコマクサ
b0279109_00334048.jpg
=メモ=
アメリカのコマクサと日本のコマクサの交配種。
葉が大きい。
6~7年育てている。
秋にも開花します。

サクラマンテマ
b0279109_00355472.jpg
=メモ=
育てて、5年。
虫が付きやすい。
数年毎に植え替えています。

セッコク
b0279109_00373860.jpg
=メモ=
育てて8年。
肥料は液肥をあげています。
冬は、軒下で管理。
毎年、良い香りの花を咲かせてくれます。

レポート(4)へ続く

[PR]
# by sansoukai | 2017-05-15 00:39 | 定例会レポート | Comments(0)

2017年5月 定例会レポート(2)

はじめに、今年の春の展示会で、
スミレ各種の寄せ植え作品を出品した、
b0279109_08355977.jpg

スミレに精通している会員より、
スミレのミニ講習会がありました。

スミレの葉による見分け方のほか、
今は、絶版となっている大変貴重な図鑑、
「原色日本のすみれ」を持参してくださりました。
写真ではなく、細密画で描かれた図鑑の仕様には、
大変驚かされました。

今月のスミレの出品作品

イシガキヤクシマスミレ・ヤクシマススキ
b0279109_00040337.jpg
=メモ=
八重山スミレと屋久島スミレの交配種。
よく増える。

レポート(3)へ続く

[PR]
# by sansoukai | 2017-05-15 00:07 | 定例会レポート | Comments(0)