横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

2012年11月 定例会レポート(5)

会員の中には、
栽培困難種や希少種を、
定例会にご持参下さる方がいます。

今回の出品作品のなかから、
原種シクラメンのインタミナムと
頭巾蘭をご紹介致します。

原種シクラメン インタミナム (さくらそう科シクラメン属)
b0279109_9315988.jpg


とにかく、小さな花です。
その小ささには、
会員一同、
目を凝らして鑑賞しました。


プテロスティリス (頭巾蘭) ラン科プテロスティリス属
b0279109_9323683.jpg


「頭巾」という和名が、
しっくりくるランです。
虫の頭のようにも、見えます。

上記2つの詳細については、
こちらのブログに記載されていますので、
併せてご覧下さい。

今月の金・銀・銅賞作品紹介はこちら
[PR]
# by sansoukai | 2012-11-15 10:33 | 定例会レポート | Comments(0)

2012年11月 定例会レポート(4)

秋に咲くイトラッキョウの仲間の見分け方について、
解説がありましたので記載致します。

見分け方のポイントは、
(1)花のつき方
(2)花の開き方
(3)オシベの長さ 
で判断します。

また、もう一つの区分方法としましては、
それぞれの葉をカミソリで切り、断面をみると、

イトラッキョウ=中実
キイイトラッキョウ=中空

となっております。

イトラッキョウ (ユリ科 ネギ属)
花が上向きで平開する 白花もある
b0279109_10322385.jpg



キイイトラッキョウ (ユリ科 ネギ属)
花が横向きで半開き、おしべが長く飛び出る 白花もある
b0279109_1040350.jpg



その他、
大型のものにヤマラッキョウの仲間があります。
ヤマラッキョウ 葉が三角
ハマラッキョウ 葉がにらのように扁平

イトラッキョウの仲間も、
ヤマラッキョウの仲間も似ているものがたくさんあり、
良く分からないラッキョウがたくさんあります。

園芸店でよく売られているラッキョウの仲間で、
ミヤマラッキョウやチシマラッキョウで売られているものは、
ほとんどが、キイイトラッキョウのようです。

レポート5に続く
[PR]
# by sansoukai | 2012-11-14 10:52 | 定例会レポート | Comments(0)

2012年11月 定例会レポート(3)

今回の定例会で、
「アキノキリンソウ」と「アオヤギバナ」の違いについての、
お話がありましたので、ここに記しておきます。

「アキノキリンソウ」と「アオヤギバナ」の違い
●花のつき方
●葉で区別
→アオヤギバナの葉は、柳のように細長い


アキノキリンソウ (キク科アキノキリンソウ属)
b0279109_8542621.jpg

※撮影地:箱根


アオヤギバナ (キク科アキノキリンソウ属)

b0279109_11524089.jpg


アオヤギバナの全景写真

b0279109_128496.jpg


アオヤギバナは渓流沿いでよく見られることも、
追記しておきます。

レポート4に続く
[PR]
# by sansoukai | 2012-11-13 12:12 | 定例会レポート | Comments(0)

2012年11月 定例会レポート(2)

今回の出品作品の中に、
ダイモンジソウ(大文字草)と、
ジンジソウ(人字草)が、
ありました。

読んで字のごとく、

ダイモンジソウは、
花の形が「大」の形
b0279109_1226326.jpg


ジンジソウは、
花の形が「人」の形
b0279109_12295129.jpg


との解説があり、
2つの花を見比べると
確かにそのとおり(^^)

レポート3へ続く
[PR]
# by sansoukai | 2012-11-12 12:32 | 定例会レポート | Comments(0)

2012年11月 定例会レポート(1)

横浜山草会、
11月定例会(11/10 毎月第2土曜日開催)の
レポートです。

定例会の詳細についてはこちらをどうぞ。


色とりどりの、
秋の野の花、
紅葉が美しい葉ものが出揃い、
それはそれは、賑やかな11月定例会となりました。

↓今月の出展作品一部紹介

b0279109_11163365.jpg


b0279109_1119057.jpg


b0279109_11201724.jpg


b0279109_11215264.jpg


今回の販売品(一部紹介)

b0279109_11262697.jpg



レポート2へ続く
[PR]
# by sansoukai | 2012-11-12 11:28 | 定例会レポート | Comments(0)