横浜山草会公式ブログ

sansoulove.exblog.jp
ブログトップ

タグ:苔 ( 2 ) タグの人気記事

2014年3月 定例会レポート(3)

=スギゴケの挿し芽の手順について=

(1)挿し床の用意
b0279109_18201962.jpg

鉢底には、ゴロの赤玉を敷き詰め、
その上に赤玉メインの用土を入れる。
使いふるしの混合土でもOK。

※ご自宅で作業される場合は、
用土を予め腰水して湿らせて置くと良い。


(2)挿し芽をカットする
b0279109_18222584.jpg

根本からハサミを入れて、カット。

↓カットした挿し芽
b0279109_18231540.jpg


(3)挿し床に挿していく
b0279109_18233929.jpg

ピンセットを使って、
株元をしっかりと植えこんでいく。
b0279109_1824146.jpg


(4)作業完了

b0279109_18245251.jpg

隙間だらけで良い。
腰水して 日なたで管理。

※茶色く変色している株について
b0279109_18275853.jpg

このような状態であっても、
土に埋めて置けば株元から再生してくる。
気長に育てて下さい。

↓実演指導のあと、希望者に株が譲渡され、
すっかり茶色坊主になりました。
刈り取ったあとも、しばらくするとまた新芽がでてくるそうです。
b0279109_1829214.jpg


レポート(4)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-09 18:31 | 定例会レポート | Comments(0)

2014年3月 定例会レポート(2)

今月の定例会では、
「スギゴケの挿し芽の方法」について、
副会長の実演指導がございました。

↓挿し芽してから2年目のスギゴケ
b0279109_186395.jpg


【スギゴケの栽培ポイント】

◆日光と水が好き
※みんな枯らしてしまう(腐らせてしまう)のは、
日陰に置いているから。

◆ただし強い日光に晒すと、日焼けするので、
真夏だけ寒冷紗の下あたりで管理する。

◆用土は赤玉メインで、安い赤玉で良く、
使いふるしの用土(鹿沼土など混ざっていてもOK)で充分。

◆腰水しておくと良い。

◆寒い時期は凍ってしまうので、
発泡スチロールに入れてあげる。

◆むやみやたらに手で撫で回さないこと。
人間の脂がついてしまい、枯れる。
自分の顔を、汚い手で撫でられる事と
一緒の行為。

◆2年に1回くらい挿し芽してあげるとよい。


レポート(3)へ続く
[PR]
by sansoukai | 2014-03-09 18:18 | 定例会レポート | Comments(0)